美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。これから旅に出られる方に少しでもお役に立てる情報を提供できたらいいな~と思い、ホテル・現地グルメなどの情報を中心に掲載しています。

赤福ぜんざい



海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

カキ氷の販売が終了したとおもったら、もう”ぜんざい”の季節
四季の移ろいは本当に早いですね・・・。

さて、久しぶりに赤福茶屋に行ってきましたので、その時の様子をお伝えいたいます。
f:id:dragonlady:20171123145321j:image
前回の訪問は、まだ赤福氷がいただける季節でした。

dragonlady.hatenablog.com

そして今回の赤福茶屋、季節は冬の甘味である”赤福ぜんざい”の時期へと変わっていました。
f:id:dragonlady:20171123145330j:image
※この写真は9/24に店舗で撮影したもの

そんな赤福ぜんざいの販売ですが、2017年は10月7日より一部店舗にて順次販売が開始しされています。

対象の店舗は次の通り11店舗のみとなります。(常設店のみ)
 ・内宮前支店
 ・五十鈴川
 ・外宮前特設店
 ・鳥羽支店

 ・二見支店
 ・伊勢夫婦岩ショッピングプラザ店
 ・団五郎茶屋(おかげ横丁
 ジェイアール名古屋タカシマヤ店
 ・松坂屋名古屋店
 ・EXPASAご在所上り線赤福茶屋
 ・本店別店舗(本店向かいの店舗)(10/25より)

f:id:dragonlady:20171123144729j:image
入口のメニューにもありますね~

先ずは定番の、赤福盆(2個入)と抹茶(470円)
f:id:dragonlady:20171123144742j:image

そして、赤福ぜんざい(小)と抹茶(520円)
f:id:dragonlady:20171123144754j:image
赤福ぜんざいのお餅は焼いてあり、とても香ばしいです。

我が家の場合は、二人とも”ぜんざい”も”赤福”も両方とも頂きたいので、両方頼んで半分ずつ分けて頂きます。
f:id:dragonlady:20171123144739j:image
おいしい”赤福ぜんざい”を頂けて幸せ~!


赤福 ジェイアール名古屋タカシマヤ
名古屋市中村区名駅1-1-4
 地下1F和菓子コーナー赤福茶屋
電話 052-566-1101(百貨店代表)
営業 10:00-20:00(LO.19:30)
http://www.akafuku.co.jp/tenpo_syousai/?SHOP_ID=4

*******************

余談ではありますが、本日〇〇回目の誕生日を迎えました。
今年は、年間フライト数がなんと100本をはるかに越え、人生で一番飛行機に乗るという忙しい1年となりました。
そのおかげで、色々なところで多くの方々との出会いがあり、とても充実した時間を過ごすことができましたこと、改めまして感謝申し上げます。

来年はもう少しゆったりとした時間をすごす事ができたらと思っています。
こんな”だらだらブログ”ではありますが、引き続き皆様のご愛顧の程よろしくお願いいたします。

by dragonlady