美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。これから旅に出られる方に少しでもお役に立てる情報を提供できたらいいな~と思い、ホテル・現地グルメなどの情報を中心に掲載しています。

松發肉骨茶、Son Fa Bak Kut Teh(ソンファバクテー) @シンガポール



海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

8月に行ったシンガポールでのグルメ情報を5回に渡ってお伝えしています。
4回目となる今回はシンガポールで大人気のパクテーのお店の紹介となります。

因みにここまでご紹介をしたのは、
Chatter Box(チキンライス)
翡翠 Cristal Jade Kitchen(中華)
대전칩 テジョン・ハウス(韓国、ブデチゲ)
です。

今回ご紹介するお店はこちら
松發肉骨茶(ソンファバクテー)
f:id:dragonlady:20180925223723j:image
シンガポール滞在2日目のお昼に食べようと思い行ったのですが、すごい行列になっていたのでこの日は断念・・・。

ダンナがどうしてもリベンジしたいというので、翌日のオープン時間にお店のあるThe CentrePointへ向います。
f:id:dragonlady:20180925223751j:image
開店直後でしたので、まだガラガラ~
f:id:dragonlady:20180925223729j:image
それでも既に数組のお客が入店していました。(汗)
こちらがメニュー(小菜)
f:id:dragonlady:20180925223818j:image
バクテーのメニュー
f:id:dragonlady:20180925223809j:image
あらっ、バクテーと行っても色々あるんですね。

そしてお茶のメニュー
f:id:dragonlady:20180925223815j:image
こちらが注文したもの全てです。
f:id:dragonlady:20180925224022j:image
これ二人分です。^^;

というのもこの後がまだあるから抑え目なんですけれど。(汗)
それは次のブログでお伝えします。

では、それぞれのお料理のご紹介をしましょう。
先ずはお茶ですが、鐵観音茶です。
f:id:dragonlady:20180925223732j:image
本格的な茶器セットがやって来ます。

このお茶、袋の中にはタップリの茶葉が入っていますので、飲みきれない分はお持ち帰りできますね。

お茶のお湯はテーブルの横にある弱力お湯が出ますので、横のポットに入れて電源をONにするとすぐに湧きます。
f:id:dragonlady:20180925223754j:image
でも店員さんがお湯を持って回ってくるので、混雑時しか必要ないかもしれません。

こちらは先付けみたいなものですね。
ピーナッツの煮物
f:id:dragonlady:20180925223757j:image
若いことは煮てある柔らかいピーナッツに抵抗があったんですが、中国にいた時に大体最初に茹でピーナッツが出てくることが多いので、今ではすっかりと慣れてしまいました。

芥蘭の炒め物
f:id:dragonlady:20180925223812j:image
そしてこちらがバクテー
特級龍骨湯 Premium Loin Ribs Soup
f:id:dragonlady:20180925223821j:image
骨を持ってかぶりつくため、ちゃんとビニール手袋がついていました。

これで手の汚れを気にせずに、思いっきりかじれます。(笑)

と思ったのですが、お肉はすごく柔らかいので、お箸でも簡単に骨から外せました。

食わず嫌いというのか、今まで骨付き肉ってあまり好きじゃなかったんですが、こちらのお店のはよく煮込んであって脂っぽくないので、私でも美味しく頂く事ができました。


***** ***** ***** *****
松發肉骨茶(ソンファバクテー)
#02-29/30, 176 Orchard Road, Singapore 238843
TEL  +65 6734 8498 
Operation Hours; 10:30-9:30
https://songfa.com.sg/

***** ***** ***** *****


さてここからは余談ですが・・・、

サマーセットの駅から外に出ると、前の大通りをまたぐようにビルとビルを繋ぐチューブのような橋が見えてきます。
f:id:dragonlady:20180925223726j:image
これがビルと ビルを繋ぐ空中通路、The Tube

今回ご紹介したお店は、サマーセット駅の道の向う側にあります。
f:id:dragonlady:20180925223824j:image
そこで、そのチューブのような橋を渡って向こう側に行ってみることにしました。

橋の入口は、Orchardgatewayというビルにあります。
f:id:dragonlady:20180925223741j:image
上に上がっていくと、看板があります。
f:id:dragonlady:20180925223800j:image
矢印の方向に進むと、The Tubeの入口がありました。
f:id:dragonlady:20180925223749j:image
ここから向うを除いてみるとこんな感じ
f:id:dragonlady:20180925223743j:image
橋を渡っていくと真ん中辺りには昔の景色が飾ってあって今の様子と見比べることができます。
f:id:dragonlady:20180925223746j:image
そして反対側はこんな感じ
f:id:dragonlady:20180925223802j:image
向うのビルまで渡りきって振り返ります。
f:id:dragonlady:20180925223806j:image
これ中を通っている限りは普通の通路なんですが、外から見るとこんな感じになっています。
f:id:dragonlady:20180925224145j:image
地震国の日本では考えられない構造ですよね!

ただビルを行き来するだけですが、なんだかワクワクしてしまいました。^^