美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。これから旅に出られる方に少しでもお役に立てる情報を提供できたらいいな~と思い、ホテル・現地グルメなどの情報を中心に掲載しています。

【グルメ】地元民がお勧めする名古屋飯づくし 1日目② 名古屋の老舗和菓子店 両口屋是清

9月中旬に東京から知人が名古屋に遊びに来てくれた知人のリクエストに応えて『とことん名古屋飯づくし』な1泊2日間のツアーを企画!

その時の様子をお伝えしています。
f:id:dragonlady:20191001235620j:image



最初に訪問したのは「あつた蓬莱軒」でした。

その時の様子はこちらから ↓

www.dragonlady99.com


美味しい「ひつまぶし」に舌鼓を打った後、お次はデザートタイム!

と言うことでやってきたのがこちら

〇両口屋是清
f:id:dragonlady:20191001235651j:image
徳川家御用達、創業380余年の老舗和菓子メーカー

先ずは場所から ↓

「ひつまぶし」を頂いた「あつた蓬莱軒」(松坂屋南館)からは徒歩で8分ほどのところにあります。

地下鉄だと、栄駅の13番出口から直ぐのところ


この「両口屋是清」は、名古屋の人ならば誰もが一度は口にしたことがあるお菓子「千なり」を製造販売している老舗和菓子屋として知られています。

f:id:dragonlady:20191003152627p:plain

1634年(寛永十一年)に大阪の菓子司・猿屋三郎右衛門が尾張播御用菓子製造のため召され、名古屋に開業したのが始まりとされています。

「両口屋是清」という表看板は、第二代尾張播主の徳川光友公から頂いた直筆だそうですよ。

今では北海道と沖縄を除く日本全国各地に販売店舗が展開されていますので、お店の名前を聞いたことがある方も多いと思います。

地元名古屋では、昔からの銘菓でどれが好きかなんている議論になることもあります。
それがこちらの三種
f:id:dragonlady:20191003151617p:plain
※上の2枚の写真は、HPより拝借しています。

いずれも北海道産の小豆を使用した焼き菓子で、左から

・「志なの路」
 砂糖引きをほどこした香ばしい玉子皮が特徴の焼菓子

・「旅まくら」
 愛らしい形でアクセントのごまがきいている

・「よも山」
 まろやかな風味に皮と甘く美味しい餡が合わさった

私は真ん中の「旅まくら」派でございます。 ^^


そんな老舗和菓子店の「両口屋是清」
栄店にはカフェも併設されています。

座席数は6テーブルと少な目ですが、こちら以外にも穴場でもあります。

席に案内いただくと、最初に目に飛び込んできたのがこちら
夏季限定の「かき氷」
f:id:dragonlady:20191001235612j:image
このかき氷をいただけるのは、名古屋市内に多数ある店舗の中でも次の4店舗のみだそうです。

・栄店
・八事店
・東山喜蝸庵(きっかあん)
・JRセントラルタワーズ(13F) 花の茶屋

2019年の夏季限定 かき氷の種類
・抹茶(粒あん付き)
・黒蜜きな粉(粒あん付き)
・ナガノパープル(バニラアイス付き)
 ※ナガノパープルは9月下旬まで

※トッピング(2019年9月時点 税率8%含)
 白玉(108円)
 ミルク(108円)
 粒あん(108円)
 アイスクリーム(162円)

ということで、こんな感じでそれぞれ注文しました。

〇ぜんざい
f:id:dragonlady:20191001235756j:image
〇かき氷 ナガノパープル+粒あん
f:id:dragonlady:20191001235718j:image

かき氷や和菓子には、全てほうじ茶がついています。

〇煎茶と和菓子のセット
f:id:dragonlady:20191001235639j:image
和菓子は「栗きんとん」(10/31までの期間限定販売)

f:id:dragonlady:20191001235710j:plain
f:id:dragonlady:20191001235725j:plain

綺麗な青色で可愛い干菓子もついてきましたよ。 ^^

まだだ気になるメニューが沢山ありましたので、また機会をみて行きたいと思います。


さすが老舗の和菓子店だけあって、お味も上品で改めて「和菓子」の良さを実感することができました。


 両口屋是清 栄店
名古屋市中区栄4丁目14-2 
  久屋パークビル 1F
 電話番号 052-249-5666
 営業時間 09:00~18:00 
 定休日  毎週水曜日
 http://www.ryoguchiya-korekiyo.co.jp/index.html