美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。これから旅に出られる方に少しでもお役に立てる情報を提供できたらいいな~と思い、ホテル・現地グルメなどの情報を中心に掲載しています。

【グルメ】マンゴーカフェ 木の葉(このは)で、幻のキーツマンゴーを @那覇

一年を通して暖かく過ごしやすい沖縄

そんな沖縄で栽培されているマンゴーを堪能してきましたよ!

今回ご紹介するのは、美味しいマンゴーを食べさせてくれるお店のご紹介です。

ビックリするのはマンゴーの美味しさだけではなかった!!


 


今回ご紹介するお店はこちら
f:id:dragonlady:20191223192342j:image
マンゴーカフェ 木の葉(木の葉) 豊見城本店

はい、こちらが本店の入口の様子です。

遠くから見ると、本当にそんなところにお店があるのかと疑いたくなるような豪華な邸宅です。
f:id:dragonlady:20191223192314j:image
お店は住宅街の奥に入ったところにあるため、ちょっと見つけにくいです。

しかもお店といっても、外観は豪華なお屋敷みたいなところ

かろうじて入り口に「OPEN」と大きく書かれた看板があるからここだっで分かりますが、そうでなければそのまま通過してしまいそうな感じです。(笑)

駐車場はお店の右手前にありますので、そちらに車を止めてからお店の中に入ります。

お店の場所


場所はこちら ↓

今回は知人のご夫妻がレンタカーを借りていたので、そこに便乗して空港より向かいました。

空港近くのレンタカー会社から向かって約17分ほどでした。

因みに公共交通機関だと、まずはゆいレールの赤嶺駅まで行き、そこから糸満行のバスに乗って翁長で下車、そこから徒歩5分ほどで行けるようです。

次回行くときはこのルートですね。 ^^

お店の様子・メニュー


入口の門をくぐって1歩中に入ると!!!
f:id:dragonlady:20191223192305j:image
とても綺麗に手入れをされたお庭があります。

これが個人宅だなんて…。 (゚Д゚)

そりゃそうだ!

だってこちら、大宜見村でマンゴー農園を営んでいる「ファインフルーツおおぎみ」のオーナーの邸宅なんですよ~

本当に豪華なお宅にお邪魔した、って感じなのでちょっとドキドキします。

f:id:dragonlady:20191223192404j:plain
f:id:dragonlady:20191223192332j:plain

ドアを開けて、思わず「お邪魔します」って言っちゃいました。(笑)
そして普通のご自宅みたいに玄関で履物を脱いで上がります。

ご案内頂いたのは、書斎のようなお部屋で、壁の棚にはたくさんの本や絵本が収納してありました。


さてと、まずはメニューを拝見!

こちらがメニュー

f:id:dragonlady:20191223192326j:plain
f:id:dragonlady:20191223192339j:plain
f:id:dragonlady:20191223192302j:plain
f:id:dragonlady:20191223192417j:plain
f:id:dragonlady:20191223192317j:plain
f:id:dragonlady:20191223192435j:plain
f:id:dragonlady:20191223192400j:plain
f:id:dragonlady:20191223192428j:plain
f:id:dragonlady:20191223192348j:plain

マンゴーを使用したお料理やデザートが色々あって悩みます。

もちろん、お料理だけでなくデザートもすごく迷う・・・。(;´・ω・)

無限の胃袋と懐があったら全部食べてみたい!(笑)

 

実際に食べたお料理・デザート

 

メニューを何度もめくって、どれにしようかと悩んでいたのですが、よくよく考えてみれば、この日は大人4人でしたので、色々と注文してみんなで分ければよいという結論に。(*´ω`*)

〇今回注文したお料理

f:id:dragonlady:20191223192309j:plain
f:id:dragonlady:20191223230350j:plain

左:期間限定の鍋焼きうどん
右:キーマカレー

f:id:dragonlady:20191223192345j:plain
f:id:dragonlady:20191223192357j:plain

左:タコライス
右:マンゴーピザ

マンゴーのお料理って・・・、と少々心配していましたが、どれもすごく美味しくてビックリ!


そしてお食事が終わったら、もちろんデザートですよね。

こちらのお店の一押しメニューは、なんといってもマンゴーを使った「木の葉 かき氷」

しかも、凍らせたマンゴーをそのまま削るという、なんとも贅沢な一品!
これは是が非でも食べていかないと! ^^


マンゴーのかき氷は2種類ありますので、両方注文し食べ比べをする事に。

f:id:dragonlady:20191223192323j:plain
f:id:dragonlady:20191223192329j:plain

左:キーツマンゴー
右:アップルマンゴー

キーツマンゴー???

聞いたことない名前のマンゴーですが・・・。

<解説>
一般的にマンゴーといえば真っ赤なアップルマンゴーを思い浮かべるかと思いますが、そのアップルマンゴーよりも一回り以上も大きいキーツマンゴーという種類があります。以前は「幻のマンゴー」といわれるくらい貴重なものでした。

なぜ「幻」といわれるようになったかというと、収穫時期が台風シーズンと重なること、さらには大きな実をつけるが故にそのほとんどが落下してしまうからなかなか収穫するのが難しからだそうです。

また見た目は青くて収穫してから食べられるまでに最低2週間は熟成期間がないと美味しくならないため、一般売りに適さないという理由から日本国内で生産される量全体の5%以下しかないそうです。

それだけ貴重なキーツマンゴーが、お得に頂けるとは嬉しいですね!

さすが生産者の直営だけあります。 ^^


こちらがキーツマンゴーのかき氷ですが、一口食べてみてびっくり!!!
f:id:dragonlady:20191223192425j:image
アップルマンゴーも甘くて美味しいんですが、キーツマンゴーはさらに甘さが濃厚でめちゃくちゃ美味しい!!!

お口の中に入れるとすぐに溶けてしまうので、あっという間になくなります。

もちろん、冷たいものが苦手な私はホットコーヒーと共に頂きます。
f:id:dragonlady:20191223192321j:image
交互に食べ飲みすれば、ひえひえにならないですからね~ v(^^) 

 

まとめ


すみません、マンゴーを舐めてました。

こんなに色々なお料理に合うなんて本当にビックリ!

最初はマンゴーは冷たくして食べるものという先入観から、暖かいものの想像ができなくて、お料理に使われているなんてちょっと・・・、と思っていました。

でもカレーにしろピザにしろ、むしろマンゴーがあることで優しい甘みが広がって、とても美味しいんだって驚かされました。

うん、先入観だけで物事を考えるのってよくないですね。
マンゴー食べて、とても良い勉強になりました。

そしてもう一つ付け加えたいのは、こちらのお店にある庭園の素晴らさ。
f:id:dragonlady:20191223192414j:image
この日は時折、雨が降ったり止んだりするという不安定なお天気でした。

それでもこれだけ綺麗に写真が撮れるということは、お天気が良ければどれだけ綺麗なんだろうって思いました。

そしてこのお庭を見ながら食べるマンゴー料理にデザート

とっても緩やかな時間が流れるひと時を過ごすことができました。
 

お店の詳細


お店の詳しい情報はこちら

マンゴーカフェ木の葉 豊見城本店
沖縄県豊見城市翁長664-2
電話番号 098-856-8558
営業時間 10:00~19:00
定休日  水曜
facebook
※国際通り近くの平和通りにも支店があります。