美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。これから旅に出られる方に少しでもお役に立てる情報を提供できたらいいな~と思い、ホテル・現地グルメなどの情報を中心に掲載しています。

2018年05月 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都② お部屋のご紹介(プレジデンシャルコーナースイート)

今年の5月末に京都に行った際、かねてから宿泊してみたいと思っていた憧れのホテルに宿泊した時の様子をお伝えしています。

それは、翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都
f:id:dragonlady:20180614004805j:image
今回は実際に宿泊したお部屋の紹介となります。
f:id:dragonlady:20180620223811j:image
先ずはこちらのホテルのお部屋のカテゴリーから

日本の伝統美を随所にあしらったモダンなデザインの客室で、お部屋は全39室となります。その内 天然温泉の露天風呂付が17室用意されています。

・翠月(すいげつ) 40㎡
  モデレートツイン(バルコニーなし) 
・月の音(つきのね) 39-49㎡
  スーペリアツイン・キング 
・柚葉(ゆずのは) 38-47㎡
  温泉露天風呂付 デラックスツイン・キング
・京月琴(きょうつきこと) 65㎡
  プレミアム和室
・白菫(しろすみれ) 59㎡
  温泉露天風呂付 プレミアムキング
・暁露(あかときつゆ) 60㎡
  温泉露天風呂付 エグゼクティブスイート
・渡月(とげつ) 60㎡
  温泉露天風呂付 エグゼクティブスイート
・玉兎(ぎょくと) 71㎡
  温泉露天風呂付 ガーデンテラススイート
・翠嵐(すいらん) 94㎡
  温泉露天風呂付 プレジデンシャルコーナースイート

憧れのホテルということもあり、ダンナのお誕生日祝いを兼ねて宿泊予約をいたしました。

予約は、今回も最安のモデレートツインでした。
ところが数日前から、アプリの表示が「プレジデンシャルコーナースイート」と表示されていたのです。
これはきっと何かの間違いだと思いながらも、当日ドキドキしてホテルに向いました。

そしてフロントでチェックインをすると、間違いなくお部屋は最上級の『プレジデンシャルコーナースイート』だったのです!

いや、本当にビックリしました!!!

それでは、そのプレジデンシャルコーナースイート(しつこい!)のお部屋をご紹介いたします。

お部屋は301号室
f:id:dragonlady:20180620223815j:image
フロアーの配置図(一番下の赤丸印)
f:id:dragonlady:20180614203230j:image
ドアを開けた様子から
f:id:dragonlady:20180614202741j:image
すぐ右手に1つ目のトイレ
f:id:dragonlady:20180614203025j:image
そのまま奥に進み、リビングの様子
f:id:dragonlady:20180614202948j:image
窓際には大きな窓があり、渡月橋も見えます。
f:id:dragonlady:20180614203049j:image
リビング右側にあるソファー
f:id:dragonlady:20180614202824j:image
コーナーにあるテーブルセット
f:id:dragonlady:20180614202903j:image
リビングの角から入口を見た様子
f:id:dragonlady:20180614203029j:image
リビングから入口のドアを見た様子
f:id:dragonlady:20180614202737j:image
TVボード周り
f:id:dragonlady:20180614202811j:image
コーヒーマシーンと紅茶のセット
f:id:dragonlady:20180614202750j:image
ミニバー(引き出しの中)
f:id:dragonlady:20180614202951j:image
下にはグラス・カップ、湯沸し、そして赤ワイン
f:id:dragonlady:20180614202820j:image
冷蔵庫の中の様子
f:id:dragonlady:20180614202803j:image
リビングからウェットルーム、そしてベッドルームまで全てガラス張りになっていて、見通すことができます。
f:id:dragonlady:20180614202732j:image
ウェットルームの左右のガラスにはそれぞれブラインドがあり、目隠しすることもできるようになっています。
f:id:dragonlady:20180614203053j:image
ウェットルームの様子
f:id:dragonlady:20180614202926j:image
洗面台の下にはタオル類やアメニティBOXが収納されています。
f:id:dragonlady:20180614202859j:image
アメニティBOXとドライヤー
f:id:dragonlady:20180614202745j:image
アメニティ類
f:id:dragonlady:20180614202915j:image
翠嵐の石けん 柚子ひのきの香り
f:id:dragonlady:20180614202815j:image
前の洗面台の後ろにも洗面台があります(Wシンク)
f:id:dragonlady:20180614202755j:image
2つ目のトイレ
f:id:dragonlady:20180614202944j:image
洗面台の左奥にシャワーブースがあり、露天風呂に繋がっています。
f:id:dragonlady:20180614203059j:image
シャワーブースの様子(ハンド、レイン)
f:id:dragonlady:20180614203003j:image
バスアメニティ
f:id:dragonlady:20180614202911j:image
そして天然温泉の露天風呂
f:id:dragonlady:20180614203045j:image
また、露天風呂はテラスにも繋がっています。
横の壁はスライドしてあけることができます。
f:id:dragonlady:20180614203040j:image
隙間から、下にある茶寮 八翠が見えます。^^;

ベッドルームにあるクローゼットの様子
f:id:dragonlady:20180614202800j:image
クローゼットはバスルームの廊下にもう1つあり、そちらには浴衣が入っていました。
f:id:dragonlady:20180614202830j:image
ベッド
f:id:dragonlady:20180614202939j:image
右側のサイドボードの様子
f:id:dragonlady:20180614202959j:image
ベッドルームの奥からテラスに繋がっています。
f:id:dragonlady:20180614203033j:image
テラスの様子
f:id:dragonlady:20180614202906j:image
テラスからはレストラン翠嵐(手前)、そしてフロントのある建屋がよく見えます。
f:id:dragonlady:20180614203019j:image
角度を変えると、茶寮 八翠、そして川の様子も見えます。
f:id:dragonlady:20180614203013j:image
お部屋の3方向に大きな窓があるのでとても開放的!

どのお部屋からも外が見られるように配置されており、ゆったりと寛ぎながら京都の景色を楽しむことができる、本当にステキなお部屋でした。

さて次のブログでは、シャンパン・ディライトのご紹介をいたします。


翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
京都府京都市左京区嵯峨野天龍寺芒ノ馬場町12番
電話 075-872-0101
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
SPGカテゴリー 7
http://www.suirankyoto.com/