美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。これから旅に出られる方に少しでもお役に立てる情報を提供できたらいいな~と思い、ホテル・現地グルメなどの情報を中心に掲載しています。

【宿泊記】2018年12月ザ・ロンドンNYC① ホテルの紹介 ※2019.7よりコンラッド・ニューヨーク・ミッドラウンに

年末年始で行ったニューヨーク

今回はヒルトン系列の3つのホテルに宿泊しました。

①.ヒルトン・タイムズスクエア
  (Hilton Times Square)
②.ザ・レンウィックホテル・ニューヨークシティ・キュリオコレクション
  (The Renwick Hotel New York City, Curio Collection by Hilton)
③.ザ・ロンドン・ニューヨークシティ
  (The London NYC)

それぞれに特徴のあるホテルばかりでとても面白い滞在となりました。

 
*** *** *** *** ***

 

ニューヨークで宿泊したホテルで最後のご紹介するのが、③ ザ・ロンドン NYCです。
f:id:dragonlady:20190131232147j:image
ニューヨークにありながら「ザ・ロンドン」という面白い名前のホテル

この名前のせいで、この後に大変な目にあったのですが・・・。(笑)
そのお話はこのブログの後半で。 ^^;

こちらのホテルはヒルトングループの高級ブランドであるコンラッド系列のホテルで、全室スイート仕様となっています。

そして2019年7月より、コンラッド・ニューヨーク・ミッドラウンに変わることが決まっており、そのための改装工事もはじまっていました。
f:id:dragonlady:20190131232237j:image
よって玄関も改装中・・・。

玄関の屋根についているロゴ
f:id:dragonlady:20190131232247j:image
そして看板
f:id:dragonlady:20190131232233j:image
なかなかかっこいいですね~

これもあと数か月でなくなっちゃうんですね・・・。

さて、ホテルの場所ですが ↓

セントラルパークからもタイムズスクエアからも程よく近い位置にあります。

ホテルの中に入るとにロビーの正面にフロントがあり、その左右にエレベーターホールにつながる通路があります。
f:id:dragonlady:20190131232220j:image
こちらがフロントの裏側にあるエレベーターホール
f:id:dragonlady:20190131232151j:image
下層階(2-25階)と上層階(25-54階)とで乗るエレベーターが分かれていますので、ボタンを押すときには注意が必要です

次にお部屋のカテゴリーを見てみましょう。
f:id:dragonlady:20190131232227j:image
客室数(全507室)
・One Bedroom Suite(500sq)
・City View Two Bedroom Suite(750sq)
・Park View One Bedroom Suite(500sq)
・City View One Bedroom Suite - One King(500sq)
・City View Deluxe Double Queen(600sq)
・Sky Suite(850sq)
・Atrium Suite(1,500sq)

◇ラウンジ
 こちらのホテルにはラウンジはありません。

◇上級会員へのサービス(その1)
 ゴールドおよびダイヤモンド会員へは無料の朝食サービスがあります。

 ところが無料というにも関わらず、後ほど1人30USDを差し引くというもの。
 これ非常にわかりにくいシステムです。

◇上級会員へのサービス(その2)
 無料の水ボトルサービスとして、冷蔵庫から1滞在につき一人1本頂くことができます。

 我が家は二人だったので、1滞在で2本頂きました。

 これが無料の水ボトル VOSS
f:id:dragonlady:20190202165241j:image
問題はこの冷蔵庫、動かすとカウントされるタイプのものです。

到着してすぐに2本抜いておいたのですが、翌日ハウスキーピングが1本追加していました。

これも一度カウントされたのちに、お得意の「後から」差し引くという清算方法なんですが、追加された1本(これは飲んでいません)まで課金されておりました。

 帰国した後でこのことに気が付き、後日コールセンターに連絡をして請求を取り下げていただくことになりました。

 よって、必ずチェックアウトの支払時に確認が必要です。

 
さてさて、ニューヨークにある「ザ・ロンドン」
このホテルに名前で大変な事があったというお話

それは、大晦日(12/31)での出来事

カウントダウンを見に行くつもりはなかったので、出かけたついでにホールフーズへいきました。

そして夕食をあれこれ買い込んたあと歩いてホテルまで戻ろうとしたら、すでにあちこちにカウントダウンのための通行制限がされていました。

3年前に来た時も同じだったので、様子を見ながら大回りしてホテルへ戻ろうとしたのですが、ホテルのエリア全体が封鎖されていて近づけない状態になっていました。
f:id:dragonlady:20190131232216j:image
すると警備をしていたポリスが「エリア内へ移動するには入場チケットかホテルのルームキーを提示しろ」と言っていたので、持っていたルームキーを提示して通してていただきました。

が、1ブロック進むごとにこの検問が設けられているので、その度に説明しなければならないんです。(-"-)

ということで、次のブロックで同様にポリスにルームキーを提示すると、

『はぁ? ロンドン?』

『ここはニューヨークだよ!』

と言って通してくれなんです。

困ってルームキーケースの裏に地図があったのを思い出し、それを見せたのですが・・・
f:id:dragonlady:20190131232156j:image
『これどこなんだ??』

これは困った・・・!

するとベテランのポリスが『何やってんだ?』とやってきたので状況を説明すると、

『ああっ、そこなら知っているよ、通してやれ!』

まるで神の声に聞こえました~。( ;∀;)

そしてホテルに一番近い交差点まで来た時にふと横を見てみると、
f:id:dragonlady:20190131232209j:image
おおーっ、カウントダウンでドロップボールが降りてくるワンタイムズスクエアが見える!

と思いながら、なんとか無事にホテルにたどり着いたのでした。 ^^;


その日の夜、お部屋のTVでタイムズスクエアの様子を見ながら夕食を頂いていました。

ふとホテルに戻って来た時の様子を思い出し、ダメもとで行ってみることに。

カウントダウンの20分前にお部屋を出て先ほどの交差点に向かってみると、あちこちから人が集まってきていました。そして15分前になるとそれまで封鎖されていたところが開かれて、ボディチェックが始まりました。

そして中へと進む流れに従い柵の中へと入っていくことができました。

もちろん、その後で無事にカウントダウンを楽しむことができました。 (≧▽≦)
f:id:dragonlady:20190131232242j:image
それと同時に、すぐ後ろではセントラルパークで上がる花火も見ることができました。
f:id:dragonlady:20190131232200j:image
このホテル、2020年を迎える今年のカウントダウンの時にはコンラッド・ニューヨーク・ミッドタウンに変わっていますが、タイムズスクエアもセントラルパークもどちらも楽しむことができるという、なかなか素敵な場所にあるホテルですよ!


さて次のブログでは、実際に宿泊したお部屋と朝食の様子をお伝えいたします。


The London NYC
151 West 54th Street, New York, NY 10019
TEL   +1-212-307-5000
https://conradhotels3.hilton.com/en/hotels/new-york/the-london-nyc-NYCCNCI/index.html

※こちらのホテルは、2019年7月より、Conrad New York Midtownへと名称が変更になります。