美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。これから旅に出られる方に少しでもお役に立てる情報を提供できたらいいな~と思い、ホテル・現地グルメなどの情報を中心に掲載しています。

桃園国際空港 キャセイラウンジ



海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

 3/5(日)に、桃園国際空港から中部国際空港 セントレアへ戻る際に、以前から気になっていたキャセイラウンジを見に行って見ました。

私が乗るJAL便は、ターミナル2
キャセイラウンジは、ターミナル1

かなり遠いと聞いていましたので、いつもよりも1時間ほど早めに空港に向いました。

JALのカウンターの人に、ターミナル2から1にいけるか確認をしたら、歩いていけるけれどかなり遠いのでやめたほうがいいと言われてしまいました。(汗)

       ↓ ターミナル2 
f:id:dragonlady:20170309155433p:image
f:id:dragonlady:20170309155419p:image
        ↑ ターミナル1

空港内の地図を見てみると、たしかにターミナル2の地図の端っこに、T1へという矢印が書いてあるのが見えます。
折角早めに空港に到着したので、とりあえず行ってみましょう。

実際にターミナル2から1へ歩いてみると、確かにこの二つは繋がっていました。
というか、境目がいまひとつ分かりにくい。

噂通り、かなり遠い・・・。
結局、出国審査の手前から15分ほど歩くことに・・・。

で、やっとこの看板が見えてきました。 
f:id:dragonlady:20170309143117j:image
階段を上がると、ラウンジの配置図がありました。
一番下(手前)にキャセイのラウンジを発見!
f:id:dragonlady:20170309143125j:image
ふぅ~、やっとラウンジの入口に到着です。
f:id:dragonlady:20170309143137j:image
入口で、JAL便のチケットの確認とコピーをされたら入室OK!

最初に見えたのが、小さめのお部屋 
f:id:dragonlady:20170309143156j:plain
奥にお手洗いとシャワールームがありました。

このお部屋にあった食べ物と飲み物類
サラダにクッキー、サンドウィッチ、デザート、フルーツ
f:id:dragonlady:20170309143233j:image
壁に案内があります。
f:id:dragonlady:20170309143243j:image
そして更に奥に向って行くと、右手にヌードルバーが見えますね~
f:id:dragonlady:20170309143256j:image
更に奥へ進みます。
f:id:dragonlady:20170309143320j:image
途中で、このようにちょっとした飲み物とフルーツも置いてありました。
f:id:dragonlady:20170309143332j:image
一番奥まで進むと、カウンターバーがあります。
f:id:dragonlady:20170309143354j:image
メニューが置いてあって、お酒やソフトドリンクがありました。
カクテルなんかも作ってもらえるようです。

ココは一つ、キャセイディライトといきたい所なんですが、素直にラテをお願いいたしました。
f:id:dragonlady:20170309143410j:image
ざっと見学ができましたので、早速お目当てのヌードルバーへ行って見ましょう。

この日のメニュー
f:id:dragonlady:20170309143423j:image
先ずは、定番のメニューから攻めてみます!
・鮮蝦雲吞湯麺(ワンタン麺)  ・北方坦々麺(坦々麺)
・猪肉焼売(しゅうまい)    ・菩提素春巻(春巻)
f:id:dragonlady:20170309143441j:image
・茄子時蔬蕃茄筆管麺(ペンネアラビアータ)
・懐舊馬拉糕(マーラーカオ=蒸しカステラ)
f:id:dragonlady:20170309143450j:image
焼売が激うまだったので、お替りしました。
・蜜汁叉焼包(チャーシュウまん)

f:id:dragonlady:20170309143501j:image
台湾らしく、薬味も沢山揃っていますね~
f:id:dragonlady:20170309143519j:plain

本当に、どれも美味しいです。
今回食べれなかったものも幾つかありますので、それは次回の課題ということに♪

ラウンジ自体もすごく綺麗で、使いやすくなっています。
わざわざ歩いてきた甲斐がありました。

ターミナル2からは片道15分かかりますので、くれぐれも時間には余裕を持って行ってみてください。