美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。これから旅に出られる方に少しでもお役に立てる情報を提供できたらいいな~と思い、ホテル・現地グルメなどの情報を中心に掲載しています。

【宿泊】ダブルツリーbyヒルトン中山(台北中山逸林酒店)① ホテルの紹介

今年(2019年)9月に行った台北旅行

今回も宿泊はヒルトン系のホテルに滞在いたしました。
f:id:dragonlady:20190917005435j:plain

というかやっと台湾にもできたのよね~、ヒルトンホテルが (*^^*)

以前は台北市内にもヒルトンがありました。
台北駅のすぐ横にあるホテル、シーザーパークホテル台北がヒルトンだったんです。

もう15年ほど前の話ですけれど、なぜか急に撤退してしまいそれからずーっと1軒も開業することはありませんでした。

でも、このたびやっと開業してくれたんです。
しかもヒルトン、ダブルツリーと立て続けに2軒も!


台北にヒルトンが戻って来たその理由についての個人的な見解なんですが、

ヒルトンは、2007年にブラックストーンが株式76%を買収し筆頭株主となり、株を非公開化しました。

そしてホテルグループの再建と立て直しを行い、2014年に株式の10%を売却し、その後も少しずつ売却して利益を確定していきました。

ついに2017年7月、中華人民共和国の海航集団(海南航空グループ)がブラックストーンから25%の株式を買取ることとなり、筆頭株主が交代しました。
この時点でブラックストーンの持ち株数は20.75%、その後も株式の売却が進み、ついに2018年の夏にすべての株式の売却を終え、保有していた11年間で140億ドルの利益を確定させました。

この流れから考えると、2017年に中国資本が入ったことにより、この15年間不毛の地であった台湾に、2018年10月にヒルトン台北新板、そして2018年12月にダブルツリーbyヒルトン台北中山が続けて新規開業したのも納得できます。


さてと、前書きがずいぶんと長くなってしまいましたね。(^^;

今回宿泊したホテルは次の2軒

①.ダブルツリーbyヒルトン台北中山
  (台北中山逸林酒店)
②.ヒルトン台北新板
  (台北新板希爾頓酒店)


まずは1泊目に宿泊した① ダブルツリーbyヒルトン台北中山(臺北中山逸林酒店)からご紹介をしましょう。
f:id:dragonlady:20190917005354j:image
夜に到着したので少し見にくいのですが、最寄りの交差点から見た様子で手前にある白い建物の右奥側にうっすらと見えているのが今回宿泊するホテルです。(;・∀・)
f:id:dragonlady:20190919093640j:image
場所はこちら ↓

中山駅から徒歩で3分ほどとアクセスが便利なところにあります。

〇桃園国際空港からのアクセス
 空港MRTで台北車站駅まで移動し、そこから地下鉄に乗り換えます。
 ① 松山新店線:北門駅 ⇒ 中山駅 (1区) 
 ② 淡水信義線 台北站駅 ⇒ 中山駅 (1区)
 ※空港MRTには、直達(39分)と普通(53分)の2種類があります
  料金は、いずれも片道160台湾ドル
  (2019年9月時点)

 空港MRT以外に、バスや電車、高鉄などの手段もあります。
 こんな面白いのを見つけたので参考にしてください。
f:id:dragonlady:20190918221940p:plain
※by Taoyuan Airport HP

〇台北松山空港からのアクセス
 空港からホテルへは地下鉄で移動します。
 ・文湖線:松山機場駅 ⇒ 復興南路駅 (2区)
       ↓(乗り換え)
 ・松山新店線:復興南京駅 ⇒ 中山駅 (2区)
 料金は、20台湾ドルです。
 (2019年9月時点)


飛行機が遅延したため、到着した時にはすっかり暗くなっていました。
f:id:dragonlady:20190917005407j:image
そのフライトの様子はこちらからどうぞ ↓

【搭乗】CA キャセイパシフィック航空 CX531(NGO-TPE) ビジネスクラス 機内食 - 美味しいものと旅行が大好き!!


ロビーの様子

f:id:dragonlady:20190917005338j:plain
f:id:dragonlady:20190917005351j:plain
f:id:dragonlady:20190917005344j:plain

そして1階の入口左手にあるフロントでチェックイン!

f:id:dragonlady:20190917005435j:plain
f:id:dragonlady:20190917005419j:plain

ダブルツリー名物、ほかほかのチョコチップクッキーも頂きます。 ^^

フロントの上側にあるモザイクのタイル、さりげなくていいわね~
f:id:dragonlady:20190917005432j:image

さてこちらのホテルは「ダブルツリー」ですので、基本的にラウンジはありません。

その代わりとして、ウェルカムドリンク券を頂くことができました。
(ダイヤモンド会員だからかな???)

ドリンクは、1階の奥にある『森 la salle』で頂けます。
f:id:dragonlady:20190917005403j:image
営業時間 11:00~23:00

こちら翌朝撮影したロビーラウンジの様子
f:id:dragonlady:20190917005500j:image
こちらでドリンクの注文をお願いします。
f:id:dragonlady:20190917005456j:image
ウェルカムドリンク券のメニュー
f:id:dragonlady:20190917005400j:image
Welcome Drink Menu
・翠玉冬瓜 Jade Melon Green Tea
・美式珈琲 Cafe Americano
・拿鐵 Cafe Latte
・大吉嶺 Darjeeling
・薄荷茶 Peppermint
・茉莉香片 Jasmine Green Tea
・可口可樂 Coca Cola
・鮮打水 Soda Water
・琴湯尼 Gin Tonic
・自由古巴 Cuba Libre
・店蔵葡萄酒 House Wine
・大彎金牌啤酒 Taiwan Beer:Gold Metal

こちらがそのドリンクチケットで、二人分なのでカップのスタンプ2個=2杯という意味です。 ^^
f:id:dragonlady:20190917005357j:image
そして頂いたドリンクがこちら
お部屋でゆっくり飲みたかったので、テイクアウトにしていただきました。 ^^

f:id:dragonlady:20190917005412j:plain
f:id:dragonlady:20190917005425j:plain

えへへっ、のどが渇いていたのでちょっと飲んだ後です。(^^;

写真右の左側:茉莉香片 Jasmine Green Tea
写真右の右側:翠玉冬瓜 Jade Melon Green Tea

ジャスミンティーは本当はホットしかないのですが、お願いして冷たくして頂きました。(*´з`)

〇お部屋のカテゴリー

次に、ホテルのカテゴリーについてみてみましょう。

ホテルは2018年12月開業し、17階建となります。
そのうちお部屋は3階~17階にあります。
f:id:dragonlady:20190917005342j:image
〇客室総数:106室
・King Guest Room(35㎡)
・Twin Guest Room(36㎡)
・King Corner Room with Balcony(33㎡)
・King Bedroom Corner Suite(46㎡)
・Twin Bedroom Corner Suite(46㎡)
・King Bedrom Deluxe Suite with Balcony(60㎡)


〇ホテル内の設備
こちらエレベーターの横に記載してあるもの
f:id:dragonlady:20190917005348j:image
設備は多くありませんので、これを見れば一目瞭然 ^^

ルーフ フィットネスセンター
3-17F   客室
2F   レストラン麗 Alley
1F   フロント、ロビーラウンジ 森 la salle 
地下1-4F 駐車場

〇レストラン All Day Dining 麗 Alley(2階)

f:id:dragonlady:20190917010103j:plain
f:id:dragonlady:20190917005956j:plain


〇フィットネスセンター(健身中心、ルーフ)

f:id:dragonlady:20190917005438j:plain
f:id:dragonlady:20190917005448j:plain

私自身はフィットネスを利用することはほぼないのですが、この日も朝から2名ほど利用者がいましたので、お邪魔にならないようにそっと写真を撮らせていただきました。


さて次のブログでは、実際に宿泊したお部屋の様子をお伝えいたします。

  

ダブルツリーbyヒルトン台北中山
(台北中山逸林酒店)
住所 台北市中山区中山北路一段123号
電話番号 (886) 2 6619 9999
チェックイン  15:00
チェックアウト 11:00
臺北中山逸林酒店
Taipei Hotel Doubletree by Hilton Taipei Zhongshan
※HPは上から、中国語、英語です。